不知火海を遊ぶ
不知火海を遊ぶ 観光うたせ船 御立岬公園 芦北海浜総合公園
観光うたせ船
概要  
遠くから見ると白いドレスでおしゃれをした海の貴婦人のような優雅なうたせ船は不知火海のシンボルです。
海の底に入れた網にしかけがあり、袋状になった七つの袋網で海の底の獲物を引き上げる伝統の底引き網漁法です。明治の初期からこの地方で始まった、うたせ網漁法の起源は瀬戸内海の「芸州流し」といわれています。芸州(広島)の漁法が漁民交流の結果この地に定着しました。
母港は佐敷湾内の計石港。計石港は慶長2年(1597年)に南蛮船が寄港した記録も残る昔からの海の要地。現在20隻のうたせ船が活躍しています。
 

料金
定員12名(約3時間)
乗船料  42,000円
船上料理 10,500円コース
        21,000円コース

利用時間
出航時間は希望に添えるよう配慮しています。

お休み
毎月第2土曜日
※荒天の場合は欠航します。

お問い合わせ
観光うたせ船組合
大字計石2963番地11
TEL:0966-82-3936

   
     

Copyright (c) 2007 Direct. 水俣ひかり研究会 . All rights reserved

 

不知火海を遊ぶ